技術情報technical information

OpenText Gupta Team Developer

Team Developer 7.4J について

OpenText Gupta Team Developer7.4の新機能

OpenText™GuptaTeam Developer 7.4を使用すると、開発者はより簡単なループコーディングを通じて、スマートで生産性の高いソフトウェア開発を体験できます。多くの強力な新しいレポート機能がレポートエクスペリエンスを変革し、多くのUX機能がユーザーエクスペリエンスを最適化します。たとえば、ユーザーはアプリケーションウィンドウをズームインおよびズームアウトできるようになりました。これにより、超高解像度(UHD)モニターのトレンドがサポートされ、非常に大きな画面または非常に高いピクセル解像度の小さな画面での読みやすさが向上します。

スマートループ

新しいForEachループは、コーディング体験を新しいレベルに引き上げます。手動の反復プログラミングはありません。代わりに、UDV内の変数または要素の配列に基づいて、ループを必要な回数だけ実行することができます。データに簡単にアクセスできるように、反復変数には現在の配列要素のデータが含まれています。 新しいContinueステートメントにより、開発者はループ内でより詳細な制御を行うことができます。Continueステートメントを使用すると、ユーザーは現在のループ反復の実行を停止してから、次のループ反復を開始できます。

強力な帳票機能

レポートビルダーは、複雑なデータベースレポートに頻繁に使用されます。Team Developer 7.4では、データベースレポートがさらに強力になり、以前のリリースの8つのブレークグループと比較して、レポートごとに最大16のブレークグループが可能になりました。各ブレークグループには、データの詳細とレポートの計算のための独自のグループヘッダーとフッターを含めることができます。 レポートビルダーレポートの画像は、条件付き表示が有効になりました。つまり、計算式またはデータフィールドがtrueの場合にのみ表示されます。PNG画像では透明性が尊重され、EXIF画像データに保存されている画像の回転も尊重されます。

最適化されたユーザーエクスペリエンス

画面の解像度と画面サイズは着実に拡大し続けており、今日のユーザーは、仕事用のコンピューターに少なくとも1つまたは2つのUHDディスプレイを接続していることがよくあります。アプリケーションデータを読みやすくするために、Team Developer 7.4では、開発者がウィンドウズームを実装できます。この新機能は、100〜400パーセントのズームレベルをサポートします。この機能は、最近導入されたコントロールアンカーとともに、ユーザーがアプリケーションの表示エクスペリエンスをより細かくカスタマイズできるようにします。

その他の新機能

他にも新しいUX機能があります。1つは、日時配列を介して日付制御で複数の日付を事前に選択する機能です。これは、たとえば、利用可能な予約日と利用できない予約日を表示する場合に役立ちます。

そして、次の新機能があります。

・チーム開発者のリッチテキストコントロールは読み取り専用に設定でき、その状態を照会できます。
・リッチテキストコントロール用のクリップボードの内容は、フォーマットされたテキストまたはフォーマットされていないテキストとして貼り付けることができます。
・OracleXMLType列がサポートされるようになりました。
・日付操作用の新しいAPIを利用できます。
・その他の新しい関数は、月の最後の日を返すか、ユーザーが任意の日付にn日を追加できるようにします。

Team Developer 7.3Jの情報はこちら

システム要件

プロセッサー x64 Processor, 1.4GHZ以上
メモリ 2GB以上
OS
  • Windows 10
  • Windows 8.1(32 bit, 64 bit)
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
.NET Framework 4.6以上
データベース
(Win32/Win64、
.NETエディション共通)
  • SQLBase 12.2, 12.1, 12.0, 11.7, 11.6 (11.7 ドライバー利用)
  • Oracle 19c, 18c, 12c, 11g R2
    ※いずれもOracle Database Clientの意味
    ※Win32は32bit版Oracle Database Clientに対応、
     Win64は64bit版Oracle Database Clientに対応
  • Microsoft SQL Server 2017, 2016, 2014, 2012, 2008
  • SAP ASE 16.0 (Sybase)
  • OLE DB (32 bit)
  • ODBC (32 bit)