Canon

キヤノンエスキースシステム株式会社



導入事例 CASE STUDY


ここから本文です。

BRITA Japan株式会社様

マーケティング部 ブランドマネージャー 塩谷光高様 カスタマーセンターシニアスタッフ 小天康弘様

【URL】http://www.brita.net/jp/index.html
【ソリューション】CRMソリューション
【導入製品】eMplex CRM

会社概要

BRITAは、1966年ドイツで誕生して以来、飲料水の最適化に従事し、世界70カ国で愛用されている浄水器のリーディングブランドです。欧米では家庭用浄水器の70%以上のシェアを誇り、広く親しまれています。ポット型浄水器というカテゴリーにおける国際的市場のリーダーとして、「飲料水の最適化事業においてナンバー1 になる」という企業理念と、「世界中のすべての家庭にBRITAの製品をお届けする」というビジョンの達成に尽力しています。

■世界No.1の浄水器メーカー<ブリタ>

導入のきっかけ

BRITA Clubとは、BRITAユーザーを会員として囲い込み、様々な特典を用意してBRITA製品の継続的な使用を促進するためのメルマガ会員サービスです。Onlineによる会員登録の開始や製品への入会促進チラシの同梱など、新規会員獲得施策が功を奏し、BRITA Clubの会員数は現在では約21,000人と順調に伸びています。さらなる新規会員の獲得や会員のロイヤリティ向上を目指し、積極的なマーケティング施策を計画する中、既存のメール配信システムでは、機能面・運用面で不自由が多く、今後の会員施策拡大への不安が生じたため、新システムへの移行を検討しました。また、カスタマーセンターについても、既存のメール配信システムの機能を流用して運営していたのですが、問合せの履歴と顧客データが別管理だったため、問合せと顧客が紐付いておらず、問合せ履歴管理が煩雑になっていました。そこで、カスタマーセンターのシステムも併せて移行を検討することとなりました。

■BRITAユーザー向けメルマガ会員サービス<BRITA Club>

導入の決め手

単にメルマガ配信やBRITA Clubの会員管理をするだけでなく、メルマガを軸にしたアンケートや会員限定企画等による積極的なコミュニケーションから、会員属性を分析・活用したOne-to-oneマーケティングまで、今後のマーケティング施策が実現可能かどうかが一番のポイントでした。eMplex EMは、細かな会員データ分析や顧客リストの作成、オートメール機能など、今後の施策にも十分対応が可能な機能を標準機能で備えてあり、長期的な視野から経済性や拡張性を考慮した結果、eMplexの導入を決めました。eMplex CSについては、業務に合わせる形で追加カスタマイズが必要でしたが、導入フェーズを分けることで、メール配信システムの移行に間に合わせる対応が可能だったため、こちらも併せて導入を決めました。過去に何度かシステムの変更をしており、次のシステムは長く使えるものを望んでいたので、eMplex製品の「拡張性」や「信頼感」についても重要な決め手の一つと言えます。

導入の効果

システムの移行に伴って業務体制を変えた影響もあり、運用面でのメリットが大きいと言えます。以前よりも会員分析の結果がスムーズに入手できるようになったため、分析結果に基づいた施策をすぐに実行できるようになりました。メール配信に伴う負担も減ったため、配信の頻度を増やしたことで、よりバラエティに富んだ内容のメールを配信できるようになり、結果としてメールからのWebサイトの誘導率は以前の数倍にまで伸びています。会員マイページへのログインに関しても、以前はサイトから登録済みメールアドレスを入力・送信後、届いたメールにあるURLをクリックしてログインするという方式でしたが、ユーザーIDとパスワードによる認証形式を採用したことで、ログインの手間を大きく減らし、会員のロイヤリティ向上に貢献しています。また、以前のカスタマーセンターのシステムでは、過去にやりとりがあるお客様であっても、すぐにお客様を特定することができず、BRITA会員であった場合は、さらに別のアプリケーションを立ち上げ確認する必要があり、負担が大きかったのですが、一元管理できたことで業務効率化が実現しました。カスタマーセンター用のメールは別のメール配信システムを使っていたこともあり、複数システム・DBで分断されていた顧客・会員データが、eMplex EM/CSの導入により、会員情報、メルマガ・アンケート情報、問い合わせ情報が、一貫して見えるようになりました。

BRITA Japan様のコメント

本格的にBRITA Japanが始動してから4年経ち、安定したお客様の基盤ができつつあります。次は、そのお客様を囲い込むために、BRITA Japanとしてのコミュニケーションを強化していく必要があります。eMplex EM/CSでの運用は、まだ始まったばかりということもあり、活用できていない機能は多いはずですが、今後の施策の中で試行錯誤しながら機能を活用していき、お客様とのより深いコミュニーケションを目指します。キヤノンエスキースシステム様には、サポートの対応がとても良く、満足しているので、引き続き安定したサポートと次フェーズの開発に期待しています。

ここからサブメニューです。


ここからお問い合わせ・関連情報です。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ・資料請求 03-6811-0001 平日 AM9:00~PM17:00

WEBサイトでのお問い合わせ・資料請求

お問い合わせ・資料請求フォーム

関連情報

【導入事例一覧】

BRITA Japan株式会社様
顧客の声とマーケティングデータの連携を実現しコミュニケーションの量・質が大きく向上!


福岡ソフトバンクホークス株式会社様
スポンサー企業への営業ヒストリーを蓄積し、よりよい提案を実施するための基盤を3か月で構築。 使い慣れた Microsoft Outlook との連携で、現場の営業が使いやすいシステムを実現。

株式会社エー・アンド・デイ様
お客様と共にソリューションを追求し、さらなる進化を志向する株式会社エー・アンド・デイは、IT の分野においてもエンドユーザー情報を出荷シリアルと結びつける XRM 管理で新しい Microsoft Dynamics CRM の活用を目指します。

株式会社ツナグ・ソリューションズ様
システム統合により業務効率向上
社員間のコミュニケーションもスムーズに全社でリアルタイムに情報を共有

株式会社御池鐵工所様
わずか2ヶ月とスピーディな導入で分散化した顧客情報を一元化


キャロウェイゴルフ株式会社様
CRM(顧客関係構築)システムを導入し、 顧客とのタッチポイントを強化


【取扱製品一覧】

PAGE TOPへ


Copyright 2015 (c) Canon Esquisse System Inc. All rights reserved.